車買い替え 消費税 増税

車の買い替え・乗り替えは消費増税前がやはりお得!

2014年4月に8%・2015年10月から10%に消費税が上がりますね?
やっぱり消費税の前に車を買っておいたほうがいいのでしょうか?

 

消費税が上る前に買っておきたいものの代表例は家と車がダントツで人気です。
でも実際に消費税が上る前に車を買っておいたほうが得なのか?
何だかニュースでは取得税は下がるんだから結果的には変わらないんではないの?と言う話が出ていますね?
では実際にどうなのでしょうか?

 

答えは消費税アップ前に購入するほうがイイ!!です。

 

コレは確実に言えることです。
なぜなら最近の車は取得税が元々かかっていないからです。
??どういうこと?と思うかもしれませんね?

 

それは低燃費車などに適用されるエコカー減税
エコカーに適用される取得税は元々免除されるので0円なんです。
だから消費税がアップしたらそのまま今より3%アップしてしまうのです。

 

100万円買ったら3万円
300万円の車では実に9万円も何もしなくても値上がりしてしまうのです。

 

そもそも、今までだって車を買ってもらうためには補助金や、減税をしてきました。
それでも増税は消費者の税負担UPになってしまうのです。

 

ということはエコカーなど減税・免税対象の車ほど今買ったほうが得なんです。

乗り替えるならどんな車が影響が大きいの?

消費税の影響を受けやすいのは、価格の大きな車ですね。
ベンツ・BMW・アウディ・ワーゲン・レクサスなどはこの3%UP!がモロ影響します。

 

それと、エコカー対象になるハイブリッドカーや低燃費車も今の減税との関係で割高になってしまします。

 

また、軽自動車の軽自動車税が2015年4月以降に購入する新車に対しても7200円から1.5倍の1万800円になります。
このことからも軽自動車の販売も力が入ってくると思われます。

 

特に消費税が上がる前には中古車市場も活性化するとおもいますので、買い取り価格なども高く売れるタイミングなのです。
だからこそ車の買い替えはまさしく今なのです。

 

 

車買い替えと消費増税の関係とタイミングは?記事一覧