車 掛かる 税金

自動車にかかる税金は?

自動車に乗るからには払わなければならない税金が有ります。

 

このお金は絶対に節約は出来ません。

 

どうしてもこう言った部分を払うのが嫌というのでしたら車を乗り換えるしか有りません。

 

軽自動車は持ち論安いですが、ハイブリッドカーなどのエコカーはエコカー減税でかなり税金が免除されています。

 

ですから、少し排気量の大きいクルマに乗るようでしたら、古い車よりも最新の車のほうが維持費が掛からない仕組みになっているのです。

 

自動車は購入すればその後の維持費が発生してきます。

 

購入する車種によってはその維持費が高額にもなってきます。

 

ですから自動車購入の際には車体価格だけでなくその後の維持費も含めて考えなければなりません。

 

その中でも国に払う税金にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは自動車税です。

 

軽自動車は7200円、2.0Lクラスが39500円、4.0Lクラスが66500円になっています。

 

この金額が毎年必要になってくるのです。

 

また次に重量税ですが、軽自動車は4400円、2.0Lクラスが18900円、4.0Lクラスが31500円になります。

 

これだけでも、大きな排気量の自動車と軽自動車とでは大きな差が出てきますね。

 

気に入った自動車を購入したい気持ちはわかりますが、まずはこの辺から考えていきましょうね。

 

 

 

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム