車検 買い替え

 

車の買い替えを検討する時として、多くの方が選ぶのは車検時期です。
車検にかかる費用は場合によってはかなり高額となるため、その費用分を新車購入費に回したほうが有利であるケースがよくあります。
車検にかかるお金が意外と掛かる。
メンテをするなら、そろそろ買い替えたいなって成るんですよね。

車検で車を買い替える理由は?

 

仕事や普段の交通手段として、車を利用する方はごく当たり前にいらっしゃいますが、どんなにお気に入りの車であっても永遠に乗り続けることはできず、必ずどこかで買い替えなければなりません。

 

問題はそのタイミングですが、人によってひとつの車を長く乗り続けたいという方もいれば、比較的短いスパンで次々と買い替えていく人もかなり多いのも本当所です。


また、理由も人それぞれですよね?
先ずは一般的な車を乗り換えるキッカケや理由を上げてみますね!
その理由から乗り換えるタイミングや今は買い替えの時期ではない!と言うのが見えてきますからね!!

 

車を乗り換える理由BEST5

  • 車検のタイミングでお金が掛かる様だったから
  • 車の寿命・故障
  • 欲しい車が見つかった為!
  • 増税や減税の影響
  • ボーナス時期での臨時収入

車検のタイミングで買い換える人がダントツに多いのです。

 

答えは簡単、車検時にお金が掛かり過ぎるから…。

 

車検費用を次にお車購入資金に当てたら無駄が無いからですよね!

 

その買い替えタイミングの目安として、車検時期をポイントにしている方はたくさんおられるでしょう。
なぜ車検のタイミングに合わせて車を買い替えるかというと、ご存知の通り車検には決して少なくはない費用が必要となります。

 

そして車検は新車購入時は3ねんですが、それ以降は2年に1度のスパンで訪れてきますので、車検が切れると同時に買い替えるというタイミングを狙うのであれば、1度機会を逃すと次は2年先までその機会が訪れないということになります。

 

仮に車検を受けて半年後や1年後に車を買い替えてしまうと、残った車検期間分の費用が正直もったいないという気持ちになってしまうのは否めません。
そのため、車検切れのタイミングと同時に次の車へと買い替える方が多いのです。

車検で必要な費用

 

車検と言ったらお金の掛かるもの。

 

軽自動車でも8万円普通車でしたら12万円前後を用意する必要があります!

 

この車検費用が結構大きいのですよね …。


車検で掛かる費用

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 検査手数料
  • 点検整備料
  • 車検代行料

 

自動車重量税

検査対象軽自動車(二輪を除く)
◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 75%減 50%減 エコカー 右以外 13年経過 18年経過
3年自家用 0円 1,800円 3,700円   9,900円    
2年自家用 0円 1,200円 2,500円 5,000円 6,600円 7,800円 8,800円
2年事業用 0円 1,200円 2,500円 5,000円 5,200円 5,400円 5,600円

 

 

乗用
車両重量 3年自家用
◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 75%減 50%減   適用なし  
0.5トン以下 0円 1,800円 3,700円   12,300円  
~1トン 0円 3,700円 7,500円   24,600円  
~1.5トン 0円 5,600円 11,200円   36,900円  
~2トン 0円 7,500円 15,000円   49,200円  
~2.5トン 0円 9,300円 18,700円   61,500円  
~3トン 0円 11,200円 22,500円   73,800円  
車両重量 2年自家用
◆エコカー減税適用 ◆エコカー減税適用なし
免税 75%減 50%減 エコカー 右以外 13年経過 18年経過
0.5トン以下 0円 1,200円 2,500円 5,000円 8,200円 10,800円 12,600円
~1トン 0円 2,500円 5,000円 10,000円 16,400円 21,600円 25,200円
~1.5トン 0円 3,700円 7,500円 15,000円 24,600円 32,400円 37,800円
~2トン 0円 5,000円 10,000円 20,000円 32,800円 43,200円 50,400円
~2.5トン 0円 6,200円 12,500円 25,000円 41,000円 54,000円 63,000円
~3トン 0円 7,500円 15,000円 30,000円 49,200円 64,800円 75,600円


国土交通省:http://www.mlit.go.jp/common/001084658.pdf

 

自賠責保険料自家用乗用車、軽自動車


平成25年4月1日以降保険始期の契約に適用(単位:円)
車種 保険期間
37ヶ月

契 約

36ヶ月

契 約

25ヶ月

契 約

24ヶ月

契 約

13ヶ月

契 約

12ヶ月

契 約

自家用乗用車

(3/5/7ナンバー)

40,040 39,120 28,780 27,840 17,310 16,350
軽自動車 37,780 36,920 27,240 26,370 16,500 15,600

検査手数料

 

車検検査手数料 : 15,000円(平均的)
検査手数料は早期予約割引4,500円等が有りますが、車検の合計金額から比べたらそれ程大きな金額では無いのが分かりますね!

 

点検整備料

 

  • タイヤ交換:20,000円~80,000円
  • オイル交換:5,000円
  • ブレーキパッド:15,000円

本当の最低限でもこの位は絶対やりますよね!
何だかんだ言って5万円~多い場合ですと10万円程整備だけで掛かってしまう場合も有ります。

 

しかもこの部分節約したいのはやまやまですが、人の命が掛かっているので絶対にケチってはいけません。

 

車をまだ長く乗ろうと思うのでしたら車の個体状態によって様々なメンテナンスポイントが出てくるのが本当のところですね!

 

車検代行料

車検代行料:10,000円前後
車検は車検認定工場(国に認められた工場)でしたらその民間の工場で車検検査を受けられまっすが、一般的な自動車屋さんでは陸運局の検査ラインへ車を持ち込んで検査します。
その検査をする手数料もタダでは出来ません。

 

民間の認定工場でも認定を維持するためにお金が掛かるので、それ程安くは出来ないのです。

 

車検費用まとめ

自動車の車検を通すには
軽自動車 : 7万円~12万円
普通自動車 : 9万円~16万円

 

それくらいの予算は考えて置いて下さい。
それでも輸入車は大きな車は上限なく様々な部分でお金がかかって来ることを忘れないで下さいね!

維持費は乗り換えるキッカケに十分なりうる

 

車の維持費として日々掛かるコストと、1度に大きく掛かる出費との2パターンが有ります。

 

この1度に大きく掛かる出費は車を乗り換えるキッカケには十分な理由だと思います。


日々掛かる費用

  • ガソリン代
  • オイル交換

 

1度に掛かる大きな費用

  • 車検費用
  • 任意保険
  • 税金
  • 修理代

 

この1度に掛かる大きな費用は車を買い替えるだけの理由になります。
何処の部分を見るのか?がポイントに成りますが、コレはやはり金銭的な部分でしょう。

 

税金や保険料はどの様な車に乗っても同じように掛かりますが、注目は車検費用ですよね。

 

車検費用で15万円掛かるというので、この15万円を次の車の購入資金へ当てることは極当然の事です。
更にメンテナンス費用でタイヤ交換など大きな出費を考えるようでしたら、それなりに新しい車へ替える金銭的メリットは大きいのです。

 

燃費

燃費もそうですよね。
最近の新しい車に乗り換える事でほぼ燃費が良くなるはずです。
確かに車を買う費用は掛かりますが、長い目を見れば燃費によるガソリン代の価格差で車が買えてしまう場合もありえるのです。

 

良く、エコカーの燃費によるガソリン代の価格差で元が取れるのは5年~8年掛かる!
何て話を聞きますが、結果的に元が取れているのにそれを選ばない理由が分かりません。
ハイブリッド車などは燃費がいいだけではなく、同じ燃費が出せる車と比べたら確実に走りも加速も良いですからね。

手放しても損しない?

 

ただし場合によっては車検期間を残しておくことによって、下取り価格が上昇するケースもありますのでその辺りはケースバイケースということでよく事前確認しておくことが大事になります。

 

ただ年式や人気車種等にも大きく左右されますが。


またその他にも車検時期に合わせると、必然的に自動車保険の切り替えタイミングもちょうど満期となる時期になりますので、自動車保険の乗り替えや更新などに要する手続きも行い易くなるというメリットもあります。
自動車保険の場合は1年単位での更新がほとんどですが、通常は車の購入と同時に加入しますので、車検が切れるタイミングと自動車保険の切れるタイミングは同じ時期であることが一般的です。

 

そう言った車を維持する上で車検の更新時が一番お金がかかるタイミングです。
このタイミングさえ見極めていれば損することは有りません!

お金の使い方よく考えて!

 

車検時期に買い替えを検討するもうひとつの理由としては、車検の見積もりを受けてみて買い替えか乗り続けていくかを決めることができるという点にもあります。

 

金額を見てじっくり考える事を忘れないで!


車検の見積もりは1ヶ月程度前から行えるところがほとんどですので、とりあえずは見積もりをしてもらい一体どのくらいの費用がかかるかを概算で知っておき、それだけの費用をかけて乗り続けるほうが得なのが、それともその分を新車購入費用にまわして買い替えた方が得なのか、ということをじっくり検討することができるのです。

 

よほど愛着があり気に入っている車であれば、付加価値もあるでしょうが、不満を感じている部分などがある場合ヘタにその場の出費を抑えるために乗り続けるのは、結果的に損をしてしまうこともありますのでよく熟考して決断することが大切です。

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム