車検 10年以上

 

車は10年以上経過すると、各部品などに劣化が見られることが多く、その修理費用も高額であるため10年を経過した車は車検時期に買い替えておくのが有効です。ヘタに時期を逃すとムダな出費にもなり兼ねません。 

 

でも正直まだ乗れるんですよね~ ( ゚Д゚)y─┛~~

10年以上の車を車検だから買い替えるメリットは?

 

購入から10年を経過するような車の場合、多くは車検の度にいくつもの交換部品や修理箇所が発生し、かなり高額の車検費用となることがほとんどです。

 

思い入れがあったり、車を買い替えるほどの予算がないから、とついつい先延ばしにしてしまう方も少なくないのですが、一度正確な維持費を算出してみることをおすすめします。


多くの場合はそれだけの年数を経過した車ですと、いくら大切に乗っていたとしても各部分に劣化が見られるのが当然で、燃費も新車購入時と比べると相当悪化してしまっているものです。

 

それに加えて、毎回車検の度にかかる修理費用等を考慮すると、新しい車に乗り替えた方がお得であることが多いのです。

 

一般的に従来からよく言われるのは、車の寿命は10年もしくは10万キロ程度だということです。
実際は車の性能も年々進歩してきており、特に日本の車は優秀だと言われていますので10年や10万キロ程度で走らなくなるようなことはまずありえないのですが、一応の目安としては正しい認識でしょう。

何時も10年は乗るという人もメンテナンスを考える時期に…

 

長くひとつの車を乗り続ける方針の方でも、ほとんどの方が10年以上を機会に買い替えるケースが多い理由には、その辺りで重大な部品の寿命が訪れてしまうことが多いという点もあります。
例えば車種によりますが、エンジンを作動させるための重要な伝達装置であるタイミングベルトなどは、一般的に10年もしくは10万キロを超えた辺りで交換しておくべきだと言われます。


 

車種によってはタイミングベルトを使用していない車もあるのですが、これにかかる費用はかなり高額となりますので、できれば交換前に車を買い替えたいところです。

 

同様に車の電力源となるバッテリーへの電力を供給するためのオルタネーターという装置がありますが、こちらも10年を超えると寿命が訪れる可能性が高くなり、交換には数十万円の費用がかかってしまう重要なパーツです。

 

これらの部品が突然故障してしまった場合、もはや修理を行うか車検途中で買い替えるしか手段がなく、いずれにしてもかなりムダな出費となってしまうのは明らかです。
高い費用を払って修理しても、10年以上経っているその車に乗り続ける期間は残り僅かでしょうし、買い替える場合もまた中途半端に車検期間を残しているため、その分ムダにしてしまうことになります。

 

そのため10年以上経過した車は、車検時期に買い替えておくのが無難ですし、多くの方がそれを実践しているのです。

車検で車を買い替える理由は?を読む←

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム