車検を安く上げる方法って有るの?

車検を安く上げる方法って有るの?

 

自動車は車検が数年毎有りますが、この車検費用が意外と車の維持の負担になるのですよね。
この車検費用少しでも上げる方法が有るって知っていましたか?

 

車検を安く上げる方法は2つ!
必要のない部分の交換部品の節約。
車検会社の割引の活用。

 

でもちゃんと理解しておかないと行けない部分ですのでこの2つをちゃんと紹介いたしますね!

 

全国展開車検の大手!ネットからの申し込みがお得!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

早割で安くなるホリデー車検

(※公式サイトへ移動します)

車検時、必要のない部分の交換部品の節約。

 

まず車検とはなんの為に有るのか分かっていますか?
車の調子を管理し、事故や不調によるトラブルを減らしましょうと言うのが建前ですが、最近の車は本当にトラブルが減って、車検の意味が何となく薄れてしまっている感じがしますね。


かと言っても、ノーメンテで何年も大丈夫と言う訳では有りません。
しかし、交換しなくて良い部分はそのまま変えずに、無駄な出費を抑えるということが重要になってくるのですね。

 

★ポイント : 5年 5万キロ以下でしたら、殆どノーメンテでもトラブルは起こらないでしょう。
気にする所は、タイヤの溝とオイル交換ぐらいで十分です。
もし5年経過していたらバッテリー交換もしておいてもイイですね。

 

★じゃあ6年7年経過した車は、何処の部分を節約できるのでしょうか?
早強距離に対して部品の交換目安を紹介しておきますね。

 

タイヤ(使用期限の溝による)
バッテリー(チェカー診断or5年)

 

★10年・10万キロを超えてきた時にはもう少し事情が変わってきます。

 

10年・10万キロを超えてきた車は
ヲォーターポンプ
タイミングベルト・ベルトテンショナー
の交換を視野にいれるべきですね。

車検会社の割引の活用。

 

車検を受けるにはディーラーで通すのか、町の修理工場で車検を依頼をすると思うのですが、一番安く内容も納得できるオススメの場所が「車検専門店』です。

 

ハッキリ言ってディーラーは高いです、何が高いかというと、交換パーツの部品代が高額なのです。


 

車検を専門に取り扱っている会社はかなりリーズナブルなのに、チェックポイントなど、シッカリしているので、車検後も安心して車にのることが出来るのです。

オススメのホリデー車検

 

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム