手間は少なく最低限の売価も確保したい

手間は少なく最低限の売価も確保したい

所有している車を売却する、という行為は車の買い替えを経験した方であれば、ほとんどの方が行ったことのある手続きでしょう。
その場合の売却方法といえば買取りもしくは下取りに大別されます。

 

自分で行う手続きを少なくしたい、面倒な処理を任せたいという方は販売店への下取りが有効なのですが、手間は少なくなるべく有利な査定条件も確保しておきたい、という方は買取りがおすすめとなります。
通例では下取りよりも買取りの方が車の売価が高くなるケースがほとんどで、少しでも次の車のための費用の足しにしたい、できるだけたくさんお金を手にしたいというのであれば買取り業者に依頼するほうが有利なのです。

 

なぜ買取り業者の方が高値がつくのかといいますと、下取りの査定方法の特徴として、ある程度先の相場を予測した上での査定金額を算出するという方式が取られています。これは車の相場が急落するリスクを懸念した処置であり、その期間は概ね数週間から1ヶ月程度先の相場を予測したものだと言われています。
それに対して買取業者の場合は、リアルタイムにその時点での相場を元に査定金額を提示してきますので、下取りと比較して高めの買取査定額が付くことが多いのです。

 

ただし気を付けておきたいのが、買取業者の場合は前述したとおりリアルタイムでの買取相場を元に見積もりを提示しています。つまり車の価値というものは日々絶え間なく変化しているということでもあり、あくまでその時点で売却した場合の買取価格だということです。
もちろんいくら買取業者でもその場ですぐに売らなければならない、ということはありませんが、あまり期限を先延ばしにすることはできません。再び相場に変動が出てしまうからです。

 

そういった理由から買取りを利用しての買い替えを行う場合、うまくタイミングを見計らって手続きを行わなければ車のない期間ができてしまう恐れがあります。
この辺りも買取業者によっては相談次第で納車時期まで先延ばしにしてくれるケースもあるのですが、その場合リアルタイムな買取相場よりも、やや低めの査定額が提示されるようになっています。

 

このように若干の制限は課せられてしまいますが、場合によっては査定額に数十万円単位の差が出ることもありますので、少しくらいの手間はかかってしまっても最低限の売価はきっちりキープしたいという方は、買取業者の利用を選ぶべきでしょう。

 

また一般的に査定の場合に持ち込む車が綺麗に手入れされている程、高査定となるケースがよくあります。
これは車が汚れていると、汚れで目立たなくなってしまっているキズ等があるのではないか、とより厳密にチェックが入るからだと言われていますが、いずれにしても綺麗に手入れされた車だと「大事に扱ってきたのだな」という印象を与えますので、損はありません。
買取査定の際には必ず洗車や車内清掃を行って、綺麗な状態で持ち込むようにしましょう。

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム