車 変えない

車を買い換えないのも一つの手

まだまだ今現在使用している車が、何のトラブルもなく快調に走っているという場合は、買い替えを検討して熟考した結果、まだ買い替えないというのももちろんひとつの決断として悪いことではありません。
特に5年や7年くらいの経年では、近年の自動車は特にこれといった劣化も見られないことも多く、故障などのトラブルが起こることも少ないはずです。
当然その車の利用状況にもよりますし、しっかりマメにメンテナンス等を行っているかどうかということも影響してきますが、ごく一般的な車の利用頻度の状況下においては10年程度乗り続けていてもなんら問題ない場合が多いのです。

 

ただし、短い年数で長距離の走行をしている場合は、一気に劣化が見られることもあります。
その辺りはケースバイケースでよく見極めて、買い替えるのか買い替えないのかを判断することが大事です。

 

実際これといった問題がなく、今までに修理に出したこともないというような状態の車であれば、当然買い替えないで乗り続けていくほうが出費を抑えることができます。
あまりにも頻繁に修理が必要となるような車でしたら、むしろ買い替えた方が結果的に安上がりということもよくありますが、問題ないのに特に理由もなく大金を叩いて買い替える必要性はありません。
その間に買い替えのための準備金として貯蓄を心がけると良いでしょう。

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム