車 買い替え 走行距離 

 

 

走行距離は車を買い替える際の一つの目安になりますよね?
3万㎞5万㎞7万㎞10万㎞と大きな区切りによっても状況が変わってきます。
何が変わるかというと、下取り価格に大きく影響してきます。
買い取り価格は次の車の頭金になるのでタイミングはとても重要なんです。

走行距離に対する車の買い替え【車買い替え虎の巻】

車の買い替えを検討するひとつの材料として、走行距離によって考えることも大事です。
従来からよく言われるのは、だいたい10万キロの走行距離数を目安として買い替える、というものです。
車種にもよりますが、10万キロも走行するとタイミングベルト等の交換が必要となってくるため、そこで大きな出費を強いられるようになりますし、またどうしても各部の故障等が出やすくなる頃です。
そんな理由から10万キロに近づいてくる辺りで、車の買い替えを検討する方が多いのです。

 

また以前ほどではないものの、やはり10万キロというラインを境に下取りや買取りにおける査定額も少し落ち込んでしまうことになります。
したがって、できれば10万キロを超えないうちに買取りしてもらうなどすれば、より買い替えに要する出費を抑えることができますので、無理のない車の購入が可能となるでしょう。

 

ただしあまり普段からそれほど長距離のドライブを行わない、という方の場合は10年程度経っても10万キロには達しないという方も多々おられます。
その場合は長く乗り続けるのもよいですし、5万キロを超えた辺りで買い替えるのもひとつの手です。走行距離が5万キロ程度というのは中古車としてかなり価値のある部類ですので、高い査定額が期待できます

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム