車 買い替え 13年

購入13年目の車を買い替える?

 

購入から13年目ともなると、ほとんどの自動車は走行距離数が10万キロを超えてしまうでしょう。

 

またこの時期に交換が必要となる部品は高額なものが多いんです。

 

だからこそ乗り続ける価値があるかどうかを冷静に判断しましょう。

大きなポイントは税金の割増

 

13年経過した車の最大のポイントは税金ですよね。
何故か、13年目の車から自動車税が上がるんです。
金額としては1割ほど上がっています。
そもそもなぜこんな事になっているのか?
これはもう国の悪い法律でしか無いのです…。


13年以降の自動車税

 

13年以降の重量税

 

しかも車検時に掛かる重量税までも1割前後上がっているのです。
何だかコレは古いクルマに乗るなと行っているようで納得いきませんよね!

 

単純に普通車の維持だけで1万円以上高くなってしまっているんです…。
ナゼこんなにも古い車に厳しいのか?

 

それは国は新しい車を買って欲しい、と言うことなんです。
エコカー減税などもそう言った意味での仕組みなんです・・・。

 

そもそも、車は乗り続けるほうがエコなんですけどね…。

じゃあどうしたらいいの?

 

ハッキリ言って、この仕組には逆らえないんですよね…。
しかもこの年式になると確実に買い替えて方がお得なんです。

 

それと買取価格もチョット厳しい物が有るんですが、それでも数万円と言う買取価格が付くのでタダで渡してはいけませんよ!


年間の走行距離数が1万キロだとしても、購入から13年目にもなると軽く10万キロを超えてしまうことになります。
仮に走行距離数が少ない場合でも、13年目ともなれば自動車の故障も多くなり始め、経年による劣化で交換しなければならない部品も多々でてきますので、実際には買い替えずに乗り続けたほうが非経済的であることがほとんどです。

 

もし13年目を超えて車検を受けるのであれば、あらかじめ早めに車検の見積もりを出してもらい、その費用を支払ってまで古い今の車に乗り続ける価値があるのかどうか、ということを厳正に判断することです。
場合によっては車検費用分で十分新車の頭金の足しにすることができますので、その辺りの判断は冷静によく考えるようにしましょう。

 

またこのくらい乗り続けた自動車では、買取価格はほとんど見込むことができませんが、いくつかの買取業者に見積もりを出してもらうようにすれば、他社で査定ゼロだと言われた車でもいくらかの値段が付くこともよくあります。
それほど大きな金額は望めないでしょうが、新車購入のために少しでも値段がつくのであればそちらを利用するようにしたいところです。

 

特にこの時期に交換が必要となる部品の中には、エンジン関係のものが多く非常に高額な工賃がかかることが多いですので注意が必要です。

 

因みに下取り価格ですが、ディーラーでは殆どゼロ円と言われるんですが、買取専門店ならば数万円は付くので、そちら抜い持っていくべきですよ!

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム