車 買い替え 10年

 

購入10年目の自動車ともなると、細かな不具合が気になることも多くなってきます。
だからこそ買い替えを検討するよい時期のひとつだといえます。

 

将来的なトータル維持費を考えた時、早めの買い替えが有利となることもあります。

購入10年目の車、車検更新?それとも買い替える?

 

購入10年目の自動車は買い替えを検討する時期のひとつでもあります。
逆に言うと今買い替えるのと後2年乗るのとではどちらが良いのか?

 

良いのか悪いのかと言うのは、どの様なお金がかかるのかなど実質的な事をチョット説明しますね!


約10年も乗り続けてきた自動車は、細かな不具合が気になるようになっている場合も多いはずです。
また車検の際にも、新車購入後数年間の頃とは違い基本料金に毛が生えた程度で済むことはほぼなく、あちこち様々な部品の交換や修理箇所が発生し、車検料金がかなり高額になることがほとんどです。

代表的な部分で言うと

  • タイミングベルト
  • ベルトテンショナー
  • ジェネレーター
  • バッテリー
  • ウォータポンプ
  • 燃料ポンプ
  • ブレーキパッド
  • ブレーキオイル
  • 冷却水

この部品は全て交換しなければいけないと言うわけではないのですが、今後いつ壊れてもおかしくない部分でも有るんです。
もしこの部品を全部交換するとなったら車検トータルで合わせても20万円以上掛かってしまいます。
この部分はどれが壊れても車が動かなくなってしまう部品でもあるんですよね…

 

そうした車検費用を含む維持費のことを考えた場合、いずれ近い将来買い替えることになるであろう自動車をこの時期に早めて買い替えておくというのは、将来的に見たトータル維持費を抑える上でも有効です。

 

毎年どこかしらの修理箇所が発生している、というような体験をされているのであれば、比較的早めの買い替えを検討した方が良いかもしれません。

乗り続けるよりも買い替えるほうがお得?

 

ある程度古くなってきた車は乗り続けるよりも、買い替えるほうがお得な場面も沢山有るんです。

 

それもこの10年ラインが一番ポイントなんですけどね。

 

例えば200万円の車を買ったとしますよね?

 

ガソリン代や車検代やらは別と考えるんですが、

 

200万円の車を10年で割ると

 

1年当たりの購入割合は 20万円ですよね?


この20万円と言うのがポイントで、先ほど上げた交換部品を一気に交換すると25万円はしてしまいます。
もし、全部交換せずに何処かで動かなくなってしまってもあっという間に20万円程掛かってしまいます。

 

そう考えるのでしたら、200万円の車をもう一度買い直したほうが結果的にお金が掛らないのです。

 

しかも最近の新しい車は、燃費が格段に(・∀・)イイ!!
そういった意味でもp買い替えを考えてもいい年代なんですよね。

しかも10年落ちくらいの車でしたら、まだまだ買取価格も意外と付くものなんです。

買取価格はどうなる?

この10年という数字を目安に、買取り価格が大きく変わることもよくあり、10年目を超えて乗り続けるかどうかというのは大きな決断を迫られることになるんだよね。
通常新車から購入して乗り続けていると、10年目は車検を受けた後の1年間ということになりますので、車検後間もないうちに買い替えるのはおすすめできませんが、この1年の間に買い替えるということを予定して、下準備を進めておくのは良いことです。

10年経過した車も意外と高く売れる物なんです。
どれ位かというと、新車購入価格(車両価格)の8%位なんですのね。
200万円の車でしたら、16万円前後。
もちろん走行距離や事故歴も大きく影響しますが、1年8000キロ走行と言うのが平均的距離みたいですね。

 

そんな車が整備されて中古車では40万円前後で売られているというのが実情ですからね。
そんな車ももう一度車検を通して12年13年落ちになってしまうと買取価格も5000円と言うのが相場になってしまうんです。

 

この20万円前後で買い取りしてくれる金額って正に、車1年分の購入金額と同じ何ですよね。

 

そう言いった意味でも、買い替えなくても、今の車が実際幾ら位の査定額に成るのか調べてみる価値が有るんですよね!

 

 

次の記事 : 10年落ちでも5万円高く車を買い取って貰う方法は?

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム