普通車 軽自動車 維持費

普通車と軽自動車に維持費はこんなにも違う

軽自動車と普通自動車、購入金額があまり変わらないとしても、年間費用合計を考えると、この2車種には大きな差が出てくることは周知のことだと思いますが、いったいどれくらいの差が出てくるのでしょう。

 

税金、燃料費、高速料金、車検費用の合計で、3年間の費用を比べてみると、軽自動車商用で3年で約62万円なのに対し、1.3クラスの普通車で約137万円、3.0クラスだと約187万円で、コンパクトカークラスと比べても2倍以上かかっており、いかに維持費に差が出てくるかが見て取れます。

 

実際、この金額差が軽自動車販売好調のひとつの原因ですから当然ではあるのですが、三年で60万円の貯金をしようと思えば月間1万6千円以上貯金しなければならないのですから、大きい出費と言わざるを得ませんね。

 

 

 

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム