保険料 条件

保険料は加入条件次第で異なります

自動車保険のことをいろいろと調べられた方ならお気付きかもしれませんが、保険料というものは加入条件次第で全く異なってくるものです。
一昔前はこうした保険の補償内容および保険料はどこ保険会社でも、ほぼ一律となっていたため特にどこを選んだからといって大きな差はなく、若干の特典等による違いがある程度でした。
しかし現在は保険の自由化によって、各保険会社ごとの特色が大きく打ち出されるようになり、補償内容や特約、各種サービスを始め、保険料も全く同じ保険会社はないのでは、と思えるほど各社ごとの差が大きくなっています。

 

また一般的に代理店型の自動車保険は補償内容が充実しているけれど、保険料は高額となってしまい、反対にダイレクト型の自動車保険では補償内容がやや劣るけれど、リスク細分型の採用で保険料は格安になっている、というのが定説でした。
しかしこのところさらに自動車保険の変化は目まぐるしく、代理店型の自動車保険でもリスク細分型を導入していたり、ダイレクト型であるにも関わらず手厚い補償内容を取り入れたり、といった傾向が見られますので、両者の差がより少なくなっており、有利な保険選びをするためにはこれまでよりももっと、慎重に各保険会社の比較をしなければならなくなっています。

 

加入時の条件で代表的なものといえば、年齢や運転歴などが挙げられるでしょう。ゴールド免許を取得している優良運転者であれば割引きをしてくれる保険会社は多いですし、年齢によっての保険料の差も大きく出てきます。
この辺りは多くの方が認識している部分だと思われますが、それ以外にも車の車種による保険料の差や、安全機能の有無による割引きなどさまざまな条件が、保険料には絡んでくることになっています。
したがってある部分だけを見た場合に一番格安だと思われる自動車保険をチョイスしていても、その他の部分の影響によってトータルでは他の保険よりも保険料が高くなってしまう、といったケースも多々あるのです。

 

補償内容に関しても一見同じように見えても、実は格安の保険会社の方の補償には制限があり、実用的ではなかったなどという例もありますので、本当に自分のカーライフに適した内容の保険であるか、といったことを念頭に保険料の面も含めてよく比較してみることが大切です。

 

こうしたリスクを少しでも減らして、賢く自動車保険を選ぶためには複数社の自動車保険から見積もりを取って、しっかりと細部にわたって比較するのが一番です。
万一の際の保険なのですから、後悔のないような保険選びをすることが求められます。

あなたにピッタリのおすすめ記事は?

自動車保険も確認しよう!

愛車の買取をうまくするには?

車検を安く上げたい方は

車の最適な買い替え年数は?

あなたの地域の買い取り店へ依頼できます!

エイチーム