値引きの金額だけに囚われるとトータルで損する事も

自動車の値引きで損してませんか?

 

そもそも何のために値引きを願いますか?

 

少しでも安く車を買い換えするためですよね。

 

何故安く買いたいかというと、お買い得感満載で購入したいからだと思いますが、結果的に損してるなんて事も有るって知ってましたか?

 

車の買い替え時に値引き交渉にこだわり過ぎる余りに存してしまうなんてことがないようにしましょうね!


 

気を付けるポイントは3つ

  • 限界以上に値引き求めてはいけない
  •  

  • 車体価格だけじゃなくオプションのサービスは?
  •  

  • 今の車の下取り価格は適正?

 

限界以上に値引き求めてはいけない
車の売り買いは人間関係ですから、この人嫌だなと思われてしまったら、結果的に大幅値引きは使用なんて思わなくなってしまいますよね?
そのため、値引きを求めるのは全然構わないのですが、営業マンを苦しめるほどのムリな要求は返って逆効果になってしまうということを覚えておきましょうね。

 

車体価格だけじゃなくオプションのサービスは?
商談を進める上で、車両価格の値引きはこのへんで限界でもオプションなど現物でのサービスと言うものが有ります。この現物サービスは実はかなり支払いに大きな差に成るのを覚えておきましょう。
このオプションサービスも営業案との信頼関係が会ってこそですので、先ず営業マンと仲良くなるというのが大事ですよね。

 

今の車の下取り価格は適正?
今の車の下取り価格は本当に適正なのかを確実に知っておく必要が有ります。
一般的にはディーラーでの下取り価格よりも、車買取専門店の方が10%前後高く買取ってもらえると言う事を知っていましたか?
この居間乗っている車の価値というのが需要で、この適正な価格を知ることが出来なければ、本当の値引き額は分からなくなってしますのです。

今の車の下取り価格は適正?

 

そもそもディーラーは車を売ることが本職ですから車の下取りはどうしても不得意なんですね。基本的にはオークション又は系列の販売店に回されてしまうのですが、この下取り価格の評価を低くすることで、新車価格をの値引きをその分引いてお得感を演出するという数字的マジックな販売テクニックも有るほどです。

 

ですから、最低でも2・3社で買取価格を診てもらうことが必要なのですね。